研究業績


目次


論文誌(Journal)


  • H. Yamaki, H. Nishi, S. Miwa, and H. Honda, "RPC: An Approach for Reducing Compulsory Misses in Packet Processing Cache," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E103-D, No.12, pp.2590-2599 (2020) (IF = 0.770).

  • 平澤将一,八巻隼人,鯉渕道紘, HPCスイッチにおけるルーティングテーブルキャッシュの研究, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS), Vol.13, No.2, pp.1-12 (2020).

  • K. Tanaka, H. Yamaki, S. Miwa, H. Honda, "Evaluating Architecture-Level Optimization in Packet Processing Caches," Computer Networks, Elsevier, Vol.181, No.107550, pp.1-10 (2020) (IF=4.474).

  • H. Yamaki, "Effective Cache Replacement Policy for Packet Processing Cache," International Journal of Communication Systems, Wiley, Vol. 33, Issue. 14, pp.1-13 (2020) (IF = 1.319).

  • H. Yamaki, "Hybrid Memory Design for High-Throughput and Low-Power Table Lookup in Internet Routers," International Journal of Advanced Computer Science and Applications (IJACSA), Vol. 11, Issue. 6, pp.61-69 (2020).

  • H. Yamaki, "Efficient Cache Architecture for Table Lookups in an Internet Router," International Journal of Advanced Computer Science and Applications (IJACSA), Vol. 11, Issue. 5, pp.664-672 (2020).

  • S. Miwa, M. Ishihara, H. Yamaki, H. Honda, and M. Schulz, "Footprint-Based DIMM Hotplug," IEEE Transactions on Computers, Vol. 69, Issue 2, pp.172-184 (2020) (IF = 3.131, Featured Paper in the February 2020 issue).

  • H. Yamaki, "Flow-Length Aware Cache Replacement Policy for Packet Processing Cache," International Journal of Advanced Computer Science and Applications (IJACSA), Vol. 9, Issue. 5, pp.12-20 (2018).

  • 八巻隼人,中村優一,高際健一,松井加奈絵,西宏章, インターネットルータにおけるHTTP圧縮ストリームの高速展開処理機構の提案, 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J98-B, Issue. 10, pp.1104-1114 (2015).

  • H. Yamaki, H. Nishi, "An Improved Cache Mechanism for a Cache-based Network Processor," Journal of Communication and Computer, Vol. 10, Issue. 3, pp.277-286 (2013).

  • H. Yamaki, Y. Nagatomi, and H. Nishi, "Effective Hash-Based Filtering Architecture for High-throughput Regular-Expression Matching," International Journal of Information and Electronics Engineering, Vol. 2, Issue. 5, pp.672-677 (2012).


国際会議(Conference)


  • S. Hirasawa, H. Yamaki, and M. Koibuchi, "Packet Forwarding Cache of Commodity Switches for Parallel Computers," in Proc. IEEE International Conference on Cluster Computing (Cluster 2021), Sep. 2021 (to appear) (Acceptance Rate 48/163=29%).

  • H. Yamaki, "Efficient Cache Architecture for Packet Processing in Internet Routers," in Proc. Future of Information and Communications Conference (FICC 2020), Vol. 1, Mar. 2020, pp.338-352.

  • Y. Inouchi, H. Yamaki, S. Miwa, and T. Tsumura, "Functionally-Predefined Kernel: a Way to Reduce CNN Computation," in Proc. IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PacRim 2019), Aug. 2019, pp.1-6 (受賞:Best paper award).

  • K. Tanaka, H. Yamaki, S. Miwa, and H. Honda, "Multi-Level Packet Processing Caches," in Proc. IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips and Systems (COOL Chips 22), Apr. 2019, pp.1-3.

  • K. Tanaka, H. Yamaki, S. Miwa, and H. Honda, "Optimizing Memory Hierarchy within an Internet Router for High-Throughput and Energy-Efficient Packet Processing," ACM Student Research Competition in conjunction with the 51st Annual ACM/IEEE International Symposium on Microarchitecture (MICRO 51), Oct. 2018, (poster) (受賞:Undergraduate category 3rd Award).

  • H. Yamaki, H. Nishi, S. Miwa, and H. Honda, "Data Prediction for Response Flows in Packet Processing Cache," in Proc. 55th ACM/EDAC/IEEE Design Automation Conference (DAC 2018), Jun. 2018, pp.1-6 (Acceptance Rate 158/747=21%).

  • H. Yamaki, "Flow Characteristic-Aware Cache Replacement Policy for Packet Processing Cache," in Proc. SAI Future of Information and Communications Conference (FICC 2018), Apr. 2018, pp.258-273.

  • H. Yamaki and H. Nishi, "Line Replacement Algorithm for L1-scale Packet Processing Cache," in Adjunct Proc. 13th Annual Intl. Conf. on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MOBIQUITOUS'16), Nov. 2016, pp.12-17.

  • M. Ohba, S. Shindo, S. Miwa, T. Tsumura, H. Yamaki, and H. Honda, "Initial Study of Reconfigurable Neural Network Accelerators," in Proc. 7th International Workshop on Advances in Networking and Computing (WANC'16), Nov. 2016, (poster).

  • H. Okano, H. Yamaki, and H. Nishi, "High-Speed Decompression Architecture of Compressed HTTP Streams for the Internet Routers," in Proc. Intl. Conf. on FPGA Reconfiguration for General-Purpose Computing (FPGA4GPC), May 2016, pp.25-30.

  • H. Yamaki, H. Nishi, "An Improved Cache Mechanism for a Cache-based Network Processor," in Proc. the 2012 Intl. Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA2012 in WORLDCOMP2012), July 2012, pp.428-434.


国内研究会


  • 吉田幸平,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, CUDAバージョンの違いがカーネルの実行時間と消費電力に与える影響の分析, 情報処理学会研究報告 2021-HPC-183, No.16, pp.1-8 (2022).

  • C. Shi, K. Sasaki, S. Miwa, T. Yang, R. Shioya, H. Yamaki, and H. Honda, Evaluation of Microprocessors Placed-and-Routed with CNFET, 情報処理学会研究報告 2021-ARC-248, No.5, pp.1-6 (2022).

  • 岡田悠希,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, MPIにおける小規模実行時の通信トレース解析による大規模実行時の通信タイミング予測の評価, 情報処理学会研究報告 2021-HPC-182, No.16, pp.1-8 (2021).

  • 樋口遼太郎,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, 深層学習における実行時ファイルステージング, 情報処理学会研究報告 2021-HPC-182, No.7, pp.1-8 (2021).

  • 提山春日,吉田幸平,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, Wisteria/BDEC-01におけるNVIDIA A100 GPUの電力性能ばらつきの評価, 情報処理学会研究報告 2021-HPC-182, No.3, pp.1-9 (2021).

  • 森瑞穂,味曽野雅史,八巻隼人,三輪忍,本多弘樹,品川高廣, マルウェア解析のための高速かつ安全なVMI機構, コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys'21), pp.48-56 (2021).

  • 高倉玲央,八巻隼人,三輪忍,本多弘樹, SDNコントローラにおける優先度付きキューを用いた高優先度パケットの処理高速化, 情報処理学会研究報告 2021-ARC-246, No.2, pp.1-6 (2021).

  • 長田 大樹,田中 京介,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹,五島 正裕, テーブル分離パケット処理キャッシュを用いたルータテーブル検索の高効率化, The 5th cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2021), 7 pages (2021) (受賞:IEEE Computer Society Japan Chapter xSIG Young Researcher Award).

  • 佐々木 魁,三輪 忍,ヨウ ドウキン,塩谷 亮太,八巻 隼人,本多 弘樹, カーボンナノチューブトランジスタを用いて論理合成したプロセッサの電力/面積/回路遅延評価, 情報処理学会研究報告 2021-ARC-245, No.4, pp.1-7, (2021).

  • 長田 大樹,田中 京介,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹,五島 正裕, Routing/ARP/ACL/QoSごとのテーブル分離パケット処理キャッシュ, 情報処理学会研究報告 2021-ARC-244, No.26, pp.1-8 (2021).

  • 横手 宥則,三輪 忍,八巻 隼人,本多 弘樹, Mesh TensorFlowを用いたモデル並列学習におけるCPU-GPU間のデータ転送最適化, 電子情報通信学会技術研究報告 CPSY2020-56, pp.37-42 (2020).

  • 松下 哲也,三輪 忍,八巻 隼人,本多 弘樹, TensorFlow用GPUサーバにおけるNVDIMMの利用可能性の検討, 情報処理学会研究報告 2021-ARC-244, No.16, pp.1-6 (2021).

  • 長谷川 健人,有馬 海人,三輪 忍,八巻 隼人,本多 弘樹, MPIアプリケーションのキャッシュプロファイル予測, 情報処理学会研究報告 2021-HPC-178, No.20, pp.1-8 (2021).

  • 有馬 海人,長谷川 健人,三輪 忍,八巻 隼人,本多 弘樹, MPIアプリケーションの関数コール回数予測, 情報処理学会研究報告 2021-HPC-178, No.19, pp.1-7 (2021).

  • 祐野 雅範,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹, 動画トラフィック検査除外手法のSnortにおける実装, 電子情報通信学会技術研究報告 CPSY2019-107, pp.125-130 (2020).

  • 黒川 雄亮,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹, ネットワーク機器における高速なGZIP復号のためのキャッシュ利用効率向上手法, 電子情報通信学会技術研究報告 CPSY2019-108, pp.131-136 (2020).

  • 山下 壮樹,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹, テーブル検索回数の削減によるインターネットルータの高スループット化および省電力化, 電子情報通信学会技術研究報告 IA2019-58, pp.57-62 (2019).

  • 高倉 玲央,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹, OpenFlowを用いた動画フローの非ミラーリングによるNIDS処理負荷の削減, 電子情報通信学会技術研究報告 IA2019-57, pp.51-56 (2019).

  • 大八木 哲哉,浅田 風太,三輪 忍,八巻 隼人,本多 弘樹, TSUBAME3.0における製造ばらつきを考慮したGPUの電力モデリングの高速化, 情報処理学会研究報告 2019-HPC-172, No.24, pp.1-8 (2019).

  • 田中 京介,八巻 隼人,三輪 忍,本多 弘樹, パケット処理キャッシュにおけるパイプライン化とマルチポート化の評価, 情報処理学会研究報告 2019-ARC-237, No.9, pp.1-10 (2019) (受賞:電子情報通信学会CPSY研究会優秀若手発表賞).

  • 黒川雄亮,八巻隼人,三輪忍,本多弘樹, ネットワーク機器上における高速なGZIP復号のためのキャッシュ利用効率向上手法の提案, 2019年電子情報通信学会総合大会,D-6-14 (2019).

  • 浅田風太,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, GPUの電力ばらつきモデリング, 2019年電子情報通信学会総合大会,D-6-15 (2019).

  • 森瑞穂,本多弘樹,八巻隼人,三輪忍, ネットワークベースの攻撃に対応可能な高対話型ハニーポット, 2019年電子情報通信学会総合大会,D-19-5 (2019).

  • 横手宥則,三輪忍,井内悠太,津邑公暁,八巻隼人,本多弘樹, 学習済み重みを利用した畳み込みニューラルネットワークの学習法の初期検討, 2019年電子情報通信学会総合大会,D-20-3 (2019).

  • 祐野雅範,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, キャッシュを利用したOpenFlow通信の高速化, 2019年電子情報通信学会総合大会,B-6-29 (2019).

  • 田中京介,八巻隼人,三輪忍,本多弘樹, 1Tbps実現に向けたルータのメモリ階層の最適化, 情報処理学会研究報告 2018-ARC-233, No.6, pp.1-7 (2018) (受賞:IEEE CEDA All Japan Joint Chapter Design Gaia Best Poster Award,情報処理学会山下記念研究賞,電子情報通信学会CPSY研究会優秀若手発表賞,情報処理学会ARC研究会若手奨励賞).

  • 松山朋樹,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, プリウェイクアップ手法によるON/OFFリンクの消費エネルギー削減, 情報処理学会研究報告 2018-HPC-165, No.10, pp.1-8 (2018).

  • 松山朋樹,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, ON/OFFリンクにおける通信開始遅延を低減するためのプリウェイクアップ手法の提案, 情報処理学会第80回全国大会 (2018).

  • 三須雅仁,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, NVDIMMを用いたメモリスナップショットの解析システム, 電子情報通信学会技術研究報告 CPSY2017-140, pp.107-112 (2018).

  • 松井優樹,三輪忍,進藤智司,津邑公暁,八巻隼人,本多弘樹, CNN計算の省メモリ化のためのカーネル・クラスタリング手法の検討, 電子情報通信学会技術研究報告 CPSY2017-140, pp.185-190 (2018).

  • 進藤智司,松井優樹,八巻隼人,津邑公暁,三輪忍, 高電力効率なCNNアクセラレータ実現に向けたカーネルクラスタリングの応用の検討, 情報処理学会研究報告 2018-ARC-230, No.31, pp.1-6 (2018).

  • 松尾駿,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, HSPICEを用いたシリコン回路とカーボンナノチューブ回路の比較評価, 情報処理学会研究報告 2018-ARC-230, No.21, pp.1-6 (2018).

  • 愛甲達也,八巻隼人,三輪忍,本多弘樹, ゲートウェイにおける攻撃パケットに着目したテーブル検索負荷削減手法の提案, 情報処理学会研究報告 2018-ARC-230, No.16, pp.1-6 (2018).

  • 高徳真晴,八巻隼人,三輪忍,本多弘樹, 動画トラフィックに着目したNIDSにおける文字列探索処理負荷削減手法の提案, 情報処理学会研究報告 2017-ARC-227, No.31, pp.1-7 (2018).

  • 進藤智司,松井優樹,八巻隼人,津邑公暁,三輪忍, 高電力効率なCNNアクセラレータ実現に向けたカーネルクラスタリングの応用の検討, 情報処理学会研究報告 2017-ARC-227, No.15, pp.1-9 (2017).

  • 八巻隼人,愛甲達也,三輪忍,本多弘樹, パケット処理キャッシュにおける送信元IPアドレスに着目したミス削減手法に関する初期検討, 情報処理学会研究報告 2017-ARC-226, No.12, pp.1-8 (2017) (受賞:情報処理学会山下記念研究賞,情報処理学会ARC研究会若手奨励賞).

  • 大場百香,三輪忍,進藤智司,津邑公暁,八巻隼人,本多弘樹, マルチコアニューラルネットワークアクセラレータにおけるデータ転送のブロードキャスト化, 情報処理学会研究報告 2017-ARC-225, No.28, pp.1-6 (2017).

  • 石原雅也,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, ジョブ実行中の計算ノードにおけるDIMM待機電力削減手法の実装と評価, 情報処理学会研究報告 2017-HPC-158, No.1, pp.1-8 (2017).

  • 八巻隼人,西宏章, フロー処理キャッシュにおける通信プロトコルに基づいたキャッシュミス削減手法の提案, システム・アーキテクチャ研究会(アーキテクチャ系トップカンファレンスを目指す人のための研究会) (2016).

  • 八巻隼人,西宏章, L1規模のパケット処理キャッシュにおけるライン置き換え方式の検討, 情報処理学会研究報告 2016-ARC-221, No.26, pp.1-7 (2016).

  • 大場百香,三輪忍,進藤智司,津邑公暁,八巻隼人,本多弘樹, 再構成可能なニューラルネットワークアクセラレータの提案と性能分析, 情報処理学会研究報告 2016-ARC-221, No.37, pp.1-8 (2016).

  • 西郷雄斗,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, リンクオフスレッショルドを有するON/OFFリンクの電力見積手法の初期検討, 情報処理学会研究報告 2016-HPC-155, No.18, pp.1-7 (2016).

  • 石原雅也,三輪忍,八巻隼人,本多弘樹, メモリホットプラグを用いたメインメモリの省電力化に関する初期検討, 情報処理学会研究報告 2016-HPC-155, No.22, pp.1-7 (2016).

  • 澁谷俊憲,三輪忍,塩谷亮太,佐々木広,八巻隼人,本多弘樹, ヘテロジニアス・プロセッサの設計探索手法の初期検討, 情報処理学会研究報告 2016-ARC-221, No.26, pp.1-7 (2016).

  • 八巻隼人,西宏章, HTTP圧縮ストリームのGZIP展開逐次処理におけるメモリ容量の削減, 第8回インターネットと運用技術シンポジウム (IOTS2015) (2015).

  • 八巻隼人,西宏章, パケット処理キャッシュに特化した低回路コストなキャッシュエントリ制御手法の実現, 情報処理学会研究報告 2014-ARC-211, No.10, pp.1-8 (2014).

  • 八巻隼人,西宏章, ネットワークプロセッサにおけるトラフィックに基づいたフローキャッシュポート分割手法の提案, 信学技報 CQ2013-36, Vol.113, No.208, pp.47-52 (2013).

  • 八巻隼人,西宏章, 新世代キャッシュ搭載ネットワークプロセッサにおけるキャッシュアルゴリズムの提案, 先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2012), pp.16-17 (2012).

  • 八巻隼人,原島真悟,鯉渕道紘,西宏章, アプリケーションゲートウェイにおける処理オフロードの実現, 情報処理学会研究報告 2011-ARC-194, No.8, pp.1-4 (2011).

受賞一覧


  • IEEE Computer Society Japan Chapter xSIG Young Researcher Award
    長田 大樹,xSIG 2021. 詳細はこちら

  • IEEE PacRim 2019 Best Paper Award for Computers Track
    Y. Inouchi, H. Yamaki, S. Miwa, T. Tsumura,IEEE PacRim 2019 (1/27 = 3.7%).

  • ACM Student Research Competition Undergraduate Category 3rd Award
    K. Tanaka,IEEE MICRO 51. 詳細はこちら

  • 電子情報通信学会CPSY研究会優秀若手発表賞
    田中 京介,SWoPP 2019. 詳細はこちら

  • 情報処理学会2019年度山下記念研究賞
    田中 京介. 詳細はこちら

  • IEEE CEDA All Japan Joint Chapter Design Gaia Best Poster Award
    田中 京介,Design Gaia 2018. 詳細はこちら

  • 電子情報通信学会CPSY研究会優秀若手発表賞
    田中 京介,Design Gaia 2018. 詳細はこちら

  • 情報処理学会ARC研究会若手奨励賞
    田中 京介,Design Gaia 2018. 詳細はこちら

  • 情報処理学会2018年度山下記念研究賞
    八巻 隼人. 詳細はこちら

  • 情報処理学会ARC研究会若手奨励賞
    八巻 隼人,HotSPA 2017. 詳細はこちら