トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

blonde受信時スパムフィルタリング

blondeでメールを受信した時に,ヘッダ情報にしたがってスパムメールを振り分ける方法です.

振り分け例

どんな例?

  • アカウント名がhogehoge
  • hogehoge@yuba.is.uec.ac.jpにメールが届いた際,
    • 件名に "[mx-west.uec.ac.jp] virus found:" が含まれていない
    • かつ,件名に "[mx-east.uec.ac.jp] virus found:" が含まれていない
    • かつ,件名に "X-ProScan-Status: spam detected" が含まれていない
    • という場合にのみ,メールを hogehoge@hpc.is.uec.ac.jp に転送する.
    • 上記以外の場合,blondeのスプール上にメールを残しておく.

実際どうやるの?

1. blondeにsshでログインします.

2. viやemacs等で,~/.procmailrcというファイルを作成します(procmailのレシピです).内容は次のとおり:

:0H
*! ^Subject: \[mx-west.uec.ac.jp\] virus found:
*! ^Subject: \[mx-east.uec.ac.jp\] virus found:
*! ^X-ProScan-Status: spam detected
! hogehoge@hpc.is.uec.ac.jp

:0
/home/hogehoge/Maildir/new/.

3. viやemacs等で,~/.qmailを次のとおりに変更します(メール受信時に procmail 起動させる設定):

|/var/qmail/bin/preline /usr/bin/procmail

あとはメールが来るのを待つだけ :-)

他の振り分け例は?

Google先生に「procmail レシピ」でたずねるべし.

最終更新時間:2007年06月11日 13時57分56秒