トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Windows上でLaTeX環境を構築する方法

[論文用ツール]

Windows上でLaTeX環境を構築する方法(例)をまとめました.参考になれば幸いです.

環境構築

LaTeXのインストール

Abe Noriyuki 氏の TeXインストーラ3[1] で簡単にインストールできます.

インストーラを起動して,基本的に全部入れるようにチェック入れて,ポチッとボタンを押せばインストールできたはず.←必要なら誰か補足してください.

テキストエディタのインストール

基本的にWindowsで動く多機能なテキストエディタがあればそれを使ってください.メモ帳は勘弁してくださいorz

私の場合は EmEditor を愛用しているので,オススメします.EmEditor は次の特徴があります:

  • 動作がかなり軽い.
  • EUC,JIS,Shift-JIS,UTF-8 など基本的なエンコーディングに完全対応.変換も簡単.
  • 正規表現で文字列検索/置換できる.
  • ツールの登録が簡単に行える.プラグインも豊富.
  • C++,TeX,Perl,Java,HTML,XML,PHPなどに対応した色分け表示機能.
  • 豊富かつ洗練されたカスタマイズ機能.
  • 簡単に使えるマクロ機能(Shift+F4で登録,F4で実行).
  • フリー版も用意されている.
  • IEのソース表示に対応している(ぉ
  • and so on・・・

シェアウェア版・フリー版のインストーラは EmEditorの公式サイト[2] のダウンロードページから入手できます.

インストールは画面にしたがっていけば簡単にできるはず.

テキストエディタへのLaTeX関連ツールの登録

以下のツールをコマンド一発で起動できるようにしておくと便利!

  • platex - pLaTeXのコンパイラ
  • (j)bibtex - BibTeX(参考文献管理ツール)
  • dviout - DVIファイルビューア
  • dvipdfmx - DVI → PDF変換ツール
  • Adobe Acrobat (Reader) - 言わずと知れたPDFファイルビューア

例として,EmEditorの 外部ツール に設定するパラメータを示します:

タイトル コマンド 引数 初期ディレクトリ
platex C:\tex\bin\platex.exe $(Filename).$(Ext) $(Dir)
jbibtex C:\tex\bin\jbibtex.exe $(Filename) $(Dir)
dviout C:\tex\dviout\dviout.exe $(Filename).dvi $(Dir)
dvipdfmx C:\tex\bin\dvipdfmx.exe -o $(Filename).pdf $(Filename).dvi $(Dir)
acrobat C:\Program Files\Adobe\Acrobat 7.0\Reader\AcroRd32.exe $(Filename).pdf $(Dir)

図(グラフィック)の挿入方法

LaTeXで図を挿入する際,基本的に,図をEPS形式のファイルとして作っておき,そのファイルをLaTeXに特定のコマンドで埋め込む方法を使います.

EPSファイルの作り方(OpenOffice.org Draw)

図を作るときは通常通りでかまいません.[ファイル]メニューから[エクスポート]を選んで,ダイアログ内の[ファイル書式]でEPSを選択.

EPSファイルの作り方(Adobe Illustrator)

図を作るときは通常通りでかまいません.ポイントは保存時.サムネールを作成せず,プレビューもなしにすること!

EPSファイルの作り方(WMF2EPS)

(準備中・・・)

EPSファイルの埋め込み方

もっぱら epsbox パッケージを使っています.使うには,まず

\usepackage{epsbox}

をプリアンブル(\documentclassより後,\begin{document}より前)に書いておきます.次に,図を埋め込みたいところに

\epsfile{file=hoge.eps,width=5cm,height=6cm}

と書きます.widthとheightは拡大縮小して埋め込むためのオプションで,何も指定しなければ元のサイズ,片方だけ指定すればアスペクト比固定で拡大縮小,両方指定すればアスペクト比無視で拡大縮小だったはず(要確認,普通は片方だけ使えばよい).

例:

\begin{figure}[tb]
\begin{center}
\epsfile{file=structure.eps,width=6.5cm}
\end{center}
\caption{ほげの構成}
\ecaption{Structure of hoge}
\label{structure}
\end{figure}
  • [1]http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/mycreate/index.html
  • [2]http://jp.emeditor.com/
emed6002jfx.msi[削除] kakuto3_0_53.zip[削除]
emed6002jfx.msi[削除] kakuto3_0_53.zip[削除]

最終更新時間:2007年06月11日 13時57分56秒