トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Globusで/bin/date

[グリッド]

目標:Globusを使って遠隔マシン上で/bin/dateを実行してみる

Globusの利用準備

環境設定(bash系)

$ ssh hpbla
$ GLOBUS_LOCATION=/opt/globus
$ export GLOBUS_LOCATION
$ . ${GLOBUS_LOCATION}/etc/globus-user-env.sh

以下,全ての作業の前に(Globusを使うときはいつでも必ず),上記の環境設定をあらかじめ済ませること.

ユーザ証明書の作成

$ grid-cert-request
John Smith ←氏名を英語で入力(頭文字のみ大文字)
hogehoge ←パスフレーズを入力(忘れないように!!)

作成したユーザ証明書の電子署名をCAに申請する

~/.globus/usercert_request.pem

を講座CA管理者にメールで送る(添付でもplainでも可)

  • 現講座CA管理者:渡邊
    • 2008年2月頃に代わってもらいます

CA管理者は送られてきたpemファイルに対し,grid-ca-signコマンドで署名する.そして出来上がった署名済み証明書(usercert.pem)をユーザに返信する.

署名済みユーザ証明書の貼り付け

講座CA管理者から送られてきた署名済みユーザ証明書を

~/.globus/usercert.pem

として保存し,そのパーミッションを600(-rw-------)にする.

サーバ管理者にグリッド資源としての利用を申請する

利用したい各サーバの管理者に,自分のユーザ証明書のDNとUnixアカウント名をメールで知らせる.DNはusercert_request.pemの中にある

/C=JP/O=UEC/OU=ISPPL/CN=John Smith

といった形の文字列である.

Globus GRAMで/bin/date

$ grid-proxy-init
hogehoge ←ユーザ証明書作成時のパスフレーズを入力
$ globus-job-run サーバ名 /bin/date
Mon Jul 23 21:09:36 JST 2007

最終更新時間:2007年07月23日 21時11分24秒