トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

リポジトリ管理ツールについて

[ソフトウェア]

日常的にリポジトリ管理ツールを有効活用しましょう

リポジトリ管理ツール

非分散系

svn(多少流行が過ぎつつある主流)

  • Windowsクライアント
    • TortoiseSVN
    • SmartSVN

Subversion+svkを使えば分散リポジトリとしても使えるらしい。

cvs(過去の遺物)

  • Windowsクライアント
    • WinCVS

分散系

ローカルリポジトリを作ることで、持ち出した先でのコミットとかができるらしい。

Hg(流行しつつある)

基本は

  • リポジトリを作って複製して
$ mkdir hoge
$ hg init hoge
$ hg clone hoge hoge-br
  • コピーを編集して
$ cd hoge-br
$ (編集作業)
$ hg add <リポジトリに追加するファイル>
$ hg commit -m "This is first commit"
$ hg push
  • ベースのリポジトリを更新する
$ cd ../hoge
$ hg update

ネットワークを使うなら

  • ベースリポジトリを作って
$ ssh user@remote.com
remote> mkdir hoge
remote> hg init hoge
remote> exit
  • ローカルに複製して
$ hg clone ssh://user@remote.com/hoge hoge-br
  • 編集してpushしたら
$ cd hoge-br
$ (編集作業)
$ hg commit -m "modify hoge.txt"
$ hg push
  • ベースをupdate
$ ssh user@remote.com
remote> cd hoge
remote> hg update

Git

Linuxカーネルのバージョン管理に採用されている。動作速度が速いらしい。

参考

  • Windowsクライアントからbluebaseにアクセスする
    • 研究室内からであれば、フォルダのアドレス欄に \\bluebase\(ユーザ名) と入れて、認証でユーザ名とパスワードを入力すればOK。
      • 注意点1: bluebaseのsambaにユーザが必須
      • 注意点2: Vistaからアクセスする場合、以下のようにセキュリティ設定をいじる必要あり
「コントロールパネル → 管理ツール → ローカルセキュリティポリシー」を開く
「ローカルポリシー → セキュリティオプション → ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル」の値を、
「NTLM応答のみ送信」にする。
    • 研究室外からなら、前項のSSHポート転送を用いればよい

あとだれかたのむ

プロジェクトホスティングサービス

最終更新時間:2009年07月02日 21時47分30秒