トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ベンチマークソフト

[ソフトウェア]

各種ベンチマークソフトについての情報をまとめておく場所

SPEC系

SPEC2000

  • bluebase /home/doc/Application/spec/spec2000.img
  • bluebase /home/doc/Application/spec/spec2000.tgz
    • tgzはimgの中身を圧縮したもの。解凍すると、その場にたくさんのファイルが作られてしまうので注意。

インストール手順

  1. 解凍する
  2. chmod -R u+w ./ などして書き込み権限を設定する
  3. sh install.sh
    1. アーキテクチャを設定しろといわれるので、設定する(表示されたもの、おそらくlinux-redhat62-i686、をこぴぺすれば良い)

環境変数SPECTARGETを指定しておくと、そこにインストールしてくれる

実行手順

とりあえず動かす。

  1. specの設定ファイルをコピーしておく
    1. cp ../spec/config/intel_linux.cfg ./config/
    2. 必要に応じて設定変更。フォートランコンパイラの指定などに注意。多分g77の代わりにf95を使う設定などが必要。
  2. specと同様に実行
    1. sh
    2. . ./shrc
    3. csh
    4. runspec 以下略

csh起動後はスクリプトを利用するのが吉?以下参考資料に挙げたサイトから:

#!/bin/sh

logdir=log-ssa            //ログを保存するディレクトリです。あらかじめ作っておきましょう
benchmarks="164 175 176 181 183 197 252 253 254 255 256 300"      //通すベンチマークの数字です
today=`date +%y%m%d%H%M`

for name in coins-no-opt  //使うconfigファイルの名前です。複数指定できます
do
  logfile=$logdir/bench.$name.$today.log
  start_time=`date +"%D %T"`
  echo "start $name bench at $start_time"
  echo "  log: $logfile"
  runspec -I -n 1 -D --config $name.cfg $benchmarks > $logfile 2>&1    
  //実際にコンパイル・実行しているのはこの部分です。-n 1 は、1回だけ通すという意味です
  end_time=`date +"%D %T"`
  echo "end at $end_time"
  echo ""
done

SPEComp

  • bluebase /home/doc/Application/spec/spec-omp.tar.gz
    • 解凍すると、その場にたくさんのファイルが作られてしまうので注意。

インストール手順

  1. 解凍する
  2. chmod -R u+w ./ などして書き込み権限を設定する
  3. sh install.sh
    1. アーキテクチャを設定しろといわれるので、設定する(表示されたもの、おそらくlinux-redhat62-i686、をこぴぺすれば良い)
    2. ライセンス条項が表示されるので、全部見てyesを入力

SPECやSPECTARGETを設定してもインストール先を変更できない模様?

実行手順

SPEC2000と同様

参考資料

最終更新時間:2008年05月23日 11時44分58秒