トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ストレージに関するページ

bluebaseにかわるストレージを調査するページ。とりあえず考えなしにどんどん追加する方針で。

検討するための指針

  • 容量
    • 現在、bluebaseはどれくらいの使用容量なのか
    • 今後どれくらいの割合で増えると予想されるか

↓2009/01/02調査。かなりやばい。

bluebase> df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda3             519G  466G   27G  95% /home
  • 費用
    • どのくらいの価格なら許容できるか
    • 過去に購入したサーバの料金を調査
  • 機能
    • 必須である機能と、推奨される機能を列挙する
    • bluebaseはRAID5
    • NFS推奨

まとめると

  • 必須性能
    • 最大容量が1TB以上(もっと必要?)
    • RAID 5
    • GbE
  • 推奨性能
    • NFS,CIFS(必須?)

という感じでしょうか。意見求む。

製品リストのまとめ

Googleスプレッドシートでまとめた。

http://spreadsheets.google.com/pub?key=pwk2_WBDOK8jHlgMfCtBjSw

Dell, HP, コアマイクロあたりの製品がちょうどよいかも。BUFFALOは安すぎて怖い。NetApp, IBM, EMCはちょうどよい規模のものがない。

製品

未調査。容量、機能、価格を追って調査する。

いくつか真偽の怪しい情報あり # 訂正するのが面倒…

NetApp

HP

EMC

IBM

日立

コアマイクロ

Dell

BUFFALO

比較サイト

オンラインストレージ

定期的なミラーリングの場所としての使用を想定。

主な評価指標は

  • 容量
  • 通信速度
  • 料金
  • 障害情報(どれくらいの頻度で使えなくなっているのか)

Amazon S3(Amazon Simple Strage Service)

  • 本家
  • Amazon S3 をバックアップストレージとして利用する
  • 料金は以下。(2008年11月より改定)
    • ディスク使用料: $0.150/GB (転送量が50TB/月までの場合)
    • データ転送料: IN: $0.100/GB(転送量不問), OUT: $0.170/GB(転送量10TB/月までの場合)
    • 料金を試算したが、相当に高い。使用:1TB/年、IN:1TB/年、OUT:1TB/年で約50万円/年
  • SLAは99.95%(年間で数時間程度の故障率)。最近では2008年4月頃に障害があったらしい。

技術、用語

RAID

データの冗長化技術

(RAID 0)
冗長化技術ではない。データを複数HDDに分散配置する。
RAID 1
ミラーリング
RAID 2
ハミング符号化による誤り検出
RAID 3
バイト単位でパリティによる誤り検出
RAID 4
ブロック単位でパリティによる誤り検出
RAID 5
RAID4 + パリティ符号の分散配置
RAID 6
RAID5 + 2種類のパリティ符号

クラスタリングシステム

複数PCを統合して1つのPCのように使う

個人PCをクラスタリングしてストレージとして使うという案がある。そのためのアプリケーションに求められるのは、

  • マルチプラットフォーム(少なくともWindows対応)である
  • 実績がある
  • RAIDなどの冗長化機能がある
  • 導入が容易である

NAS

ネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ専用機。

比較表.xls[削除]

最終更新時間:2009年02月10日 02時02分08秒